おすすめな即日融資のカードローン


他社借入を清算してから申し込むのがオススメ

他社借入が少ないほど合格しやすい

これから2社目や3社目としておすすめな即日融資のカードローンへ申し込むなら、今持っている借金によっては不合格の可能性が高くなります。

基本的に他社借入が少ないほど合格しやすいので、金利等を考慮して借り換え目的で申し込むなら先に借金を完済しておくのが理想です。

借金といっても金融商品は色々とありますが、同種であるフリーローンは対象となり、会社によっては自動車ローンや教育ローンなども他社借入として考慮されます。

住宅ローンだけは除外されることが多いです。

複数の会社で少額を借りるのは損です

基本的におすすめな即日融資のカードローンの審査は少額融資ほど合格しやすいため、いろんな会社で少額借入をして合計額を高めるという手段が好まれることがあります。

しかし、これは長期的に見ると少額融資に対する採用利率はどうしても低くなるので、合計の総利用枠がそこそこな金額なら1社で同額を借りる方が金利がお得になりやすいです。

例えば、合計で100万円を数社で借りている場合に各社の利率が18%なら、これは1社に絞って100万円を借りると15%が上限となるのでお得です。

おすすめな即日融資のカードローンの審査とはどのようなことをするのか

おすすめな即日融資のカードローンを利用する前にやること

おすすめな即日融資のカードローンを利用しようと思ったら、まず初めに審査に申し込む必要があります。

そしてそのチェックを通過することが出来たら、無事利用することが出来ます。

申し込み方法は実際にカード会社に来店する他に、スマホやPCで必要事項を送る方法もあります。

身分確認のための書類も写真を添付して送るだけで良いので、忙しい人や来店するのが億劫な人に喜ばれているシステムです。

スマホやPCでの必要事項の入力は手軽ですが、故意ではなくても誤った情報を入力してしまうと、チェックに通らない原因になってしまうので注意が必要です。

おすすめな即日融資のカードローンの審査の基準とその内容について

情報を間違いなく入力しても落ちてしまうこともあります。

それは信頼度があまり高くないと判断されてしまったからです。

各社詳しい内容は発表していませんが、独自に決めた信頼度をクリアした人にのみ通過の報告をしています。

しかしこのボーダーは各社異なるので、落ちてしまった人でも、審査の甘い会社に申し込めば借入することが出来る場合もあります。

また会社ごとの比較サイトなどもあるので、その情報を参考にすると良いです。

おすすめな即日融資のカードローン審査の合格率を高める方法

希望額を少額にしておくのは鉄則です

おすすめな即日融資のカードローンは審査がありますが、返済能力によっては合格を目指すのが難しくなります。

少しでも合格率を高めたいなら、申込時に希望額を少額にしておくことが大事です。

例えば、100万円を希望するのと10万円を希望するのとでは、後者の10万円の方が合格しやすくなります。

自分が希望した金額はあくまでも希望額なので、希望額以下で合格することもできます。

しかし、少額を希望しておく方が借入計画や目的という観点から、自分の希望を伝えやすいので合格率は多少は高くなります。

信用情報に傷があるとかなり不利になります

おすすめな即日融資のカードローン審査では、返済能力以外にも信用情報も問われます。

これは信用機関で自分の信用情報を確認されることになるため、過去において遅延行為などから信用に傷が付いていると不利になります。

そのため、将来に向けた申し込みのために日頃の金融会社との付き合い方をしっかりと考えておく必要があります。

信用情報に問題があると、その内容によって5年や10年とマイナス評価に繋がる情報が残ってしまいます。

安易に信用を下げるのは避けておきたいところです。

おすすめな即日融資のカードローン審査は総量規制から想定しておくのが無難

合格の基準が公表されることはない

どんな金融会社へおすすめな即日融資のカードローンの申し込みをするにせよ、合格の基準が公表されることはありません。

各社は合格基準を非公式にしているため、自分で合格基準を推測するしかありません。

基本的に返済能力や信用情報などを問われるわけですが、最も気になるのは年収です。

いくらの年収があれば合格できるのかを推測するとき、これは総量規制を目安にしておくのが賢いです。

希望する融資額の3倍の年収があれば、合格できる可能性は高くなります。

融資額の3倍の余剰資金があるとさらに期待が持てます

総量規制では、年収の3分の1までの融資となっています。

これを元にして合格基準を考える場合、希望する融資額の3倍の年収があるのが理想となります。

消費者金融では、このままの基準で合否が判断されますが、銀行など総量規制外の会社へ申し込む場合は基準が変わります。

しかし、その場合も総量規制を元にしておく方が良いです。

さて、総量規制を元にして合格基準を考える時に希望額の3倍の余剰資金があるかどうかを判断しましょう。

支出を差し引いて残った収入が希望額の3倍にあたるなら、審査合格には期待を持てます。

同時に複数の会社へ申し込むのはダメです

同時申込はすべて不合格になります

おすすめな即日融資のカードローンは1社の審査結果が出るまで、他社への申し込みは避けるのが基本です。

同時に複数の会社へ申し込みをすると、それらすべての会社で不合格になる可能性が極めて高いです。

2社や3社程度で各社に希望する融資額も少額なら、合格できる可能性もあります。

しかし、過度に多くの会社へ同時に申し込んでしまうと、借入に対する管理能力に不信感を抱かれるので、不合格になることが多いです。

また、申込履歴が信用機関に残ることも1つの理由です。

複数の会社へ申し込んでもメリットは低いです

複数の金融会社へ申し込みをすると、どこかの会社では合格できる可能性を持てます。

これが大きなメリットになるわけですが、そのメリットは上記の理由から逆にデメリットになることを意識しておきましょう。

また、メリットが崩れてしまうと他には大きなメリットがなく、限度額と金利の関係性から考えても一社に絞る方が採用利率の低下や高額限度額に期待を持てます。

最初にじっくりと魅力的な申込先を探しておき、その一社で合格を目指すのが理想です。